お知らせ詳細

2020.4.7

新型コロナウィルス感染拡大防止に関する弊社対応について

既にお聞き知りの通り、政府より改正特別措置法(新型インフルエンザ等特別措置法)に
基づく緊急事態宣言が発令されました。
これを受け、感染拡大防止の為、
対象区域(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県)
7都府県首長より外出自粛要請など発表されました。
当社も、政府指針に沿い、対象事業所所属内勤社員を2分割し、出社と在宅勤務を交互入替し、
感染拡大防止に努めます。
更に、派遣中当社技術社員及び派遣先、貴社・貴作業所の関係者の皆様の安全と健康を確保する為、
以下の対策・方針を取らせて頂くことをお知らせ致します。
 

【派遣技術社員の出勤・業務遂行について】
原則、派遣先(就業先)方針、指示に従い、出勤・業務遂行形態を確定致します。
以下記載、当社方針以外の事例は、都度当社と派遣先(就業先)相互協議し、
内容を決定させて頂きます

(1)、派遣先方針・指示による在宅勤務(テレワーク)、自宅待機、時差・時短勤務の場合、
    業務開始・終了時の連絡手段や労務管理方法について事前協議し、決定したうえで、
    不測事態による特別休業とし、通常勤務扱いとさせて頂き、通常ご請求、
    並びに本人へも通常給与支給致します。
(2)、感染症対策での休工等により、業務執行日(通常就業日)の就業先閉所や、消毒作業など、
    事務所閉所など派遣技術社員本人意思と関係なく、就業不可能な場合、
    「現場全休」とさせて頂き、上記(1)同様、公休とさせて頂き、通常ご請求、
    並びに本人へも通常給与支給致します。
(3)、上記(1)・(2)の場合でも、以下に該当する場合、本人都合欠勤とし、
    請求控除対象と致します。 
   (※本人給与は、有給休暇が有り、本人意思により使用する場合は、給与が発生し、
    無い場合は欠勤控除となります。)
 ・派遣技術社員本人が検査を受け「陽性」結果、罹患した場合。 
 ・派遣技術社員本人が、国または地方自治体、または各保健所より、感染者の「濃厚接触者」として
  指定された場合、もしくは検査の指示・連絡が有った場合。
  (※ただし、派遣先(就業先)で感染者が発生し、業務遂行上必要で、
   本人の過失無く濃厚接触者となった場合は、この限りでは有りません、
   派遣先と当社で状況等協議したうえで、通常ご請求、並びに本人へ給与支給致します。)
 ・同居家族や友人・知人、同僚など濃厚接触のある方が罹患した場合。
  上記場合、派遣技術社員本人より弊社並びに就業先へ速やかに報告・連絡し、
  即日出勤停止処置を取り、各医療機関と相談し、政府・厚生労働省発令指針に基づき、
  自覚症状有無にかかわらず、該当期間、出勤停止継続、自宅待機とします。
  その他、派遣先(就業先)で別途取り決めや方針がある場合は、その方針に従うものとします。
 
(4)、下記に該当する場合、派遣技術社員本人より、当社並びに就業先へ速やかに内容と
   状況の報告・連絡を行うものとします。
   その内容と状況により、派遣先(就業先)に取り決めや方針が有る場合はそれに従い、
   無い場合は派遣先と弊社間で協議し、業務執行に関する取り決めを決定し、
   派遣技術社員本人はその指示に従うものとします。
 ・派遣技術社員本人に《感染を疑う症状が有る》場合 
    《感染を疑う症状》とは
    ✓風邪の様な症状、37.5℃以上の発熱が4日間以上続く場合
     (解熱剤を飲み続けなければいけない場合を含みます)
      ※高齢者、基礎疾患を持っている方、妊娠中の方は2日間程度続く場合
    ✓強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)が有る場合
   上記全て、またはいずれかに該当する場合、「帰国者・接触者相談センター」、
   「新型コロナウィルス相談窓口」に相談する。(厚労省・東京都指針)

 派遣技術社員本人に上記症状や自覚症状が出ていない場合であっても、
 同居家族や知人・友人、同僚などに《感染を疑う症状が有る》場合も、
 弊社並びに就業先に即座に報告・連絡を行い、感染拡大予防の為、
 マスク着用や石鹸を用いた手洗い、咳エチケットを徹底させ、感染防止に努めます。
 
 上記以外にも、刻々と感染危険度状況が悪化する中、感染拡大防止とお取引先様ならびに関係者様、
 当社社員と家族全員の安全と健康を守る事を最優先に、政府方針や行動計画に基づき、
 出来うる対策を都度、迅速に実行致します。
 
 
お取引先様、関係者の皆様にご不便・ご迷惑をお掛けする事をお詫びすると共に、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
最後になりましたが、新型コロナウィルスの感染拡大脅威に加え、
寒暖差の激しい花冷えの季節柄、より一層のご安全を祈念するとともに、どうぞご自愛下さい。