現場と本社。
異動を経て感じられた、
仕事への新たなやりがい
R.Miyamoto
2015年入社/中途/人材開発部 技術支援課

3年の現場経験を活かし、現場スタッフをフォローする仕事へ 立てる仕事に挑戦しようと考えた

4年制の大学を卒業し、一度は介護の道へ進みましたが、父親が建設業を自営で行っていたこともあり、なじみがあった建設業界へ転職。この会社に入社をしました。入社してから3年間は技術部で施工管理の仕事を4~5現場ほど担当。3年という短い期間ではありましたが、このときに基礎をしっかり叩き込んでいただきました。

その後、現場に立つ施工管理のスタッフの研修や、メンタル面のフォロー、現場の巡視などを行う「人材開発部 技術支援課」という部署に会社が力を入れていたこともあり、異動をすることになりました。

正直夢半ば、という気持ちもありましたが、3年間で培った技術部での仕事が、いまとても活きていますね。入社したてで不安を感じるスタッフは、現場を少しでも知っているというだけで、とても身近に感じてくれます。あの3年間は決して無駄ではなかった、と思っています。

悩んでいる現場スタッフを、一人でも多く救い出したい

わたしたち人材開発部 技術支援課にできることは、悩みを抱えていたり、勉強に行き詰っていたりする現場社員フォローして、いかに現場で働きやすくしてあげられるかを考えて行動することです。そのためには、自分の経験も活かし、職人さんとのコミュニケーションに対するアドバイスをすることもあります。ときには本社に呼んで、自ら技術的なことや、専門知識などについて研修をすることもあります。できる限り手厚いサポートをしてあげたいと思いますね。

少し時間が経って、「あなたにあのとき助けてもらえたから、今がある」と言ってただけたときは、うれしかったですね。これからも、本社と現場のパイプ役として仕事をしていきたいです。

うちの会社は技術部あってこそ。より働きやすい環境にしていきたい

入社をして4年。現場と本社という2つの世界を見てきたことで、少しずつ会社全体を見渡して考えられるようになってきました。今後はさらに役職を上げて、会社にとって何が最適かを考えながら、自分の考える仕組みや現場の課題をより早く改善していける立場になりたいです。

もちろん、そうなるためには、常に現場の声を大切にしていきます。うちの会社は、現場で活躍してくれる技術部があってこそ、成り立っている会社です。その技術部の社員を尊重してあげられるような、そんな会社にしていきたいですね。

わたしも、同期も先輩も、元は未経験者の多い職場です。少しでも興味を持ってもらえたら、まずは気軽に話だけでもしに来てください!