駆け出しの私を、
支えてくれる人たちのために
R.Toyosaki
2018年入社/新卒/技術部 プロジェクトマネージャー職

悩んだ就職活動で、人のために自分が役 立てる仕事に挑戦しようと考えた

大学でずっと建築を学んでいて、東京に上京したらたくさんの経験を積める仕事がしたいと就職活動をしていました。ワールドコーポレーションを志望した理由は、一社にいながら様々な種類の経験を積むことができたり、多くの人に会えることが一番の理由です。

正直、「プロジェクトマネージャーって女性でも出来るのかな?」と思っていました。

会社のことを深く知っていく中で、この環境なら、自分が心から頑張れると思い入社を決意しました。建設現場に出る前は、経験も知識もない自分がやっていけるのかという不安にかられることもありました。なんとか迷惑をかけることのないようにと心がけていましたが、朝礼で話している内容も分からなくて、ミスをして周りの人たちを困らせてしまうこともあって…。そんな状況下でも周りの方々は、質問しても嫌がらずに教えてくれ「この人たちのためになることをしたい。もっと責任を持って仕事に取り組もう!」と思えるようになることができました。

ちょっとした気配りから。
今、できることに真剣に臨む

私が一番大切にしていることは、「作業員の方のために、今の自分にできることをやろう」ということです。経験が浅いから出来ないと思うのではなく、今の自分だからできることをとことん考え取り組むようにしています。建設現場で一番大切なことは、作業員の方が怪我をしないように現場の安全に気を配ること

ちょっとの気のゆるみが大きな事故につながることがあるからこそ、少しのことでも注意を払ってもらいやすいようにすることは大切です。危険箇所には立ち入り禁止のテープを張ったり、安全帯の看板をつくったりすることも、私たちプロジェクトマネージャーの重要な仕事です。

まだ専門的な仕事ができなくても、自分で考えて周囲を見渡せば、必ず役立てることはあるはずです。まだまだ、現場所長と作業員の方をつなぐ伝書鳩のような役割ばかりですが、自分にできることを増やして、もっと皆さんの役に立っていきたいと思っています。

言いたいことを、言えることの大切さ

働く上ですごく感謝しているのが、ワールドコーポレーションの営業の方のサポートです。当社では必ず営業担当がサポート役としてついてくれるのですが、何でも相談できる頼れる先輩です。以前、仕事で大きなミスをしてしまったときにも、泣きながら相談させてもらって、心強いアドバイスを頂き、すごく救われた思いがしました。同期社員も多く、とても仲が良くて、現場はそれぞれ違うものの、お互いの状況を連絡し合ったり、たまに飲みに行ったりもしています。思い返すと、当社の面接を受けたときには全然緊張しなかったという記憶があります。言いたいことを言える。それは今でも変わりませんし、そこがワールドコーポレーションの良さだと思っています。